最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 風林火山 (11) 信虎追放 | トップページ | 中山道短距離勝負っ! 〜御幸橋から武佐宿 »

2007年3月20日 (火)

100年ぶりに庄内川に帰った水

379331888_187 379331888_195_1
久しぶりにかえって来たよ〜、名古屋へ。
100年ぶりくらいかなあ。
でもずいぶんと風景変わったね。
噴水なんかできてたり、色んなお花が咲いててきれいだわん。

379331888_119前に名古屋に来た時は三階橋ってところから川筋が二本出てた。
1本は黒川って言って、お城からは堀川になって名古屋の繁華街の真ん中を通って海に出られたから、みんなエリートコースだよって言ってた。
夜も昼も明るいんだよ。
お酒もたまには飲めるんだ(*゚▽゚)ノ
でもあたしが流れたのはその横にある御用水っていう汚いどぶ川だった。聞くところによれば、昔名古屋城の水堀を浄化するために、庄内川からあたし たちを分けたんだって。けれど、隣りの黒川さんができてからは用がなくなっちゃった。それでどぶ川になっちゃったっていうんだけど、今はそのどぶ川も埋め られちゃったね。
「汚いからなんとかしろ」って近くの人にずいぶん言われたんだって。

どぶ川...
御用水じいちゃんはね、いい人だったよ。
のんびりした人でね、あたしが流れた時は、
「両横に植わってる松はきれいじゃろー。たまにしか来ないんだからゆっくり風景見ながら流れて行きなー」って言ってくれた。
「そのかわり魚はいないけどな」って笑ってた。
流れがないからあたしたちはどうしても淀んで生き物が住みにくい水になっちゃうんだよね。

ほんとうの川って人間が作るもんじゃないから、ずーーーっとある。人が見えないところでも川は息づいてるよ。大都市では地下に埋まってて真っ暗なこともあるしね。でも埋めることができないほど川ってエライんだって思う。

今じいちゃんは路面電車の敷石の下でゆっくり眠ってる。
だけど死んだわけじゃないんだ。
春になると黒川沿いの桜でにぎわう声を聞きながら、昔を思い出して笑ってるんだよ
今年もそろそろそんな季節。
もう少しあとでくれば御用水じいちゃんの笑い声が聞けたのに、気象庁の開花予想を当てにし過ぎだかなァ(⌒-⌒)ニコニコ...

« 風林火山 (11) 信虎追放 | トップページ | 中山道短距離勝負っ! 〜御幸橋から武佐宿 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/14427107

この記事へのトラックバック一覧です: 100年ぶりに庄内川に帰った水:

« 風林火山 (11) 信虎追放 | トップページ | 中山道短距離勝負っ! 〜御幸橋から武佐宿 »