最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 旧日本銀行京都支店 | トップページ | 上洛 〜京都で飲む »

2007年2月11日 (日)

ひとつのゆめ

人からみればたわいもないこと。

京都に泊まって窓を開け放ち、司馬遼太郎の「太閤記」を読むこと。
京都は名古屋から中途半端に近く、中途半端に遠い。

今宵は大津で「街道をゆく」を読もう。幸いにして疲れが激しく外出する元気もない。
ゆめに準じた環境やね!

« 旧日本銀行京都支店 | トップページ | 上洛 〜京都で飲む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとつのゆめ:

« 旧日本銀行京都支店 | トップページ | 上洛 〜京都で飲む »