最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 予定は未定の日曜日 | トップページ | ウソと欺瞞の中で生きる »

2007年1月19日 (金)

あぁ上野駅

初めて上野駅に行ったのは昭和55年頃。
薄暗いプラットホームに着く特急、急行が常に何本か留まっていて頻繁に発着してました。
特急・急行の隙間を盗むように普通列車が運転されてた。
各駅停車なんぞ、おまけ。そんな時代。

どこかに故郷の香りをのせて♪

そんな上野駅を歌で表現した井沢八郎氏が亡くなった。あの歌は「心の駅」じゃない者にも上野駅の匂いを伝えた。それは「ふるさと」のかおりかもしれない。
新幹線開業前の東海道線を知らない世代のファンは上野にそれを見、胸を高鳴らせた。
あぁ上野駅。
井沢八郎の歌はぼくの中では永遠です。

« 予定は未定の日曜日 | トップページ | ウソと欺瞞の中で生きる »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17350226

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ上野駅:

« 予定は未定の日曜日 | トップページ | ウソと欺瞞の中で生きる »