最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 富山県警 | トップページ | 日曜日の日記 »

2007年1月21日 (日)

待望!坂の上の雲

「坂の上の雲」の映像化、あきらめたと思ってたらまだまだ生きてようです。この作品化と関係あるのがどうか脚本家が自殺してしまうというトラブルに巻き込まれて、てっきりまたまた企画断念かと思っていたのに。

秋山真之 本木雅弘
秋山好古 阿部寛
正岡子規 香川照之
律 菅野美穂

公開されたのは、これだけのキャスト。
ちょっと阿部寛の線が細いですねぇ。
この中で一番骨太なのは秋山好古なので、ちょいと危惧してしまいますな。その他はイメージによく合ってます。
香川照之は、前半の主人公に近い存在です。
やっとおいしい役を得ましたな!
大河史上での超駄作「利家とまつ」では秀吉と言う役を得ながら、前田利家という二流の人物の引き立て役になってしまってました。
今回はほぼ主役だぜいィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪
天才子規と人間子規を演じられる若手俳優はそうそうおらん。
宿阿に冒されながらも、俳句の発展に情熱を傾けるその姿に、明治の人間の生き様を見たいものです。o(^-^)o ワクワクッ

こき下ろされることになる乃木大将と伊地知少将を誰が演じるかということが気になりますし、なによりもアジア諸国との関係の描き方をどこまで原作に忠実に表現できるかにポイントが置かれそうで心配です。一党独裁国家からちゃちゃがはいらないように願いたいものです。
乃木に関しては「無能な軍人」とまで言い切っているだけに、扱いには苦労するでしょうが、司馬はそれをフォローするために、「殉死」という作品で彼を深く掘り下げています。
そういったことをドラマのみで表現できるかな。

ところで、制作費の比較対象として大河ドラマの1本あたりの制作費が6000万だと知れました。6000万ということは、年間48〜50話だから、約30億か!
映画のことを思えば相当お安いですなぁ(-。−;)

« 富山県警 | トップページ | 日曜日の日記 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17350515

この記事へのトラックバック一覧です: 待望!坂の上の雲:

« 富山県警 | トップページ | 日曜日の日記 »