最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中山道を歩く 柏原→高宮宿(完) | トップページ | ふくまる旅館 »

2007年1月 7日 (日)

風林火山 (1) 隻眼の男

うむ、始まったのぅ、勘助殿。
正直に言って、内野聖陽はうまいけれど、自信過剰な印象を前から持ってます。だから文四郎も見なかった。
自信たっぷりなのか、力強い芸風なのかはわからないけれど、見ていて気分が良くないのだ。
けど今年は彼から逃れられない。
とっくり付き合うしかない。

今回、幼少期がないので、いきなり全開の芝居です。
内野ワールド全開。
心地よい部分はあるし、安心できる力だけど力みすぎの印象がどうしてもぬぐえない。このドラマだけ見れば、「うれしくて力が入ってんだな」と勘違いされてしまうぞ。
とにかくアクが強い役者だよね。
他の役者の個性すら食ってしまいそう。
これからこの力を制御していくかが、個人的には彼の主題だと思う。
例えを変える。
布施明は声量で歌い上げるタイプの歌手で、そういう歌を歌わせたらおそらく右に出る者はいないが、ぼそぼそと語るタイプの歌手ではない。それと同じタイプなのが内野だと感じるの。
今始まったばかりで、苦言を呈するのは遠慮しておこう。

ほかに気付いたこと、3つ。

1.中井貴一版武田信玄で、鬼美濃こと原美濃守虎胤を演じたのは、宍戸錠ではなかったか。今回鬼美濃を演じているのは、息子の宍戸開である。二代で同じ役を演じるとはおもしろい趣向ぞ!
意図的なキャストとしか思えず、開にとっては見せ所といえよう。ウルトラマンマックスの隊長役では楽しげに演じていたが、大河ではそうはいかない。今日のところはなかなか骨がある芝居で好感を持ったぞ。これがまず大変な楽しみ。

2.板垣信形(信方)役の千葉真一だ。
「武田信玄」では菅原文太が演じたこの役、今のところ菅原に軍配上がる。板垣は信虎よりも晴信の家臣といった印象が強い。「じい」と呼ばれる立場でもある。千葉真一のような活発なイメージとはちょっと違うんだなあ。単に好き嫌いかもしれないけれど。
千葉真一は忍者のイメージが濃すぎるんだよね。

3.武田信虎
仲代達矢はすばらしい。
文句のつけようがない信虎像である。
平幹二郎は線が細くて、いかにも癇癖持ちの暴君というイメージが強すぎた。仲代はそのあたり、ただの暴君に立て直している。暴君といっても信虎は 混乱し続けた甲斐国を一代で統一した名将でもある。暴君ぶりで、名将ぶりをすべて打ち消してしまってはならないのだ。脚本との関係もあるだろうが、このあ たりの表現はさすがだ。

« 中山道を歩く 柏原→高宮宿(完) | トップページ | ふくまる旅館 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/13375187

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山 (1) 隻眼の男:

« 中山道を歩く 柏原→高宮宿(完) | トップページ | ふくまる旅館 »