最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 豊富な抱負 | トップページ | 明智光秀 〜神に愛されなかった男 »

2007年1月 1日 (月)

はつもうで

はつもうでって漢字では初詣と書きます。
言うまでもなく、寺社仏閣に初めてお参りすることですが、厳密に言うならば、一年に一度しかお参りしない人は「初詣」でもあって、「詣で締め」で もあるわけです。型式化した現在では特に気にすることではない話ですが、クリスマスですら商業化に成功した日本人なのにこちらをほとんど商業化しないの は、多少なりと恐れがあるからかなと思ってみたりしています。
まぁそういうゆるんだ宗教価値も長い歴史の中ではありなのです。
話題にしたいのはどんな意図であれ「寺社に行ってお参りする」という意識が存在することです。
例えばぼくなど街道を歩いているとき、道祖神や石仏などがあれば手を合わせ、布施を受け入れる場所があれば5円なり10円なりを投入し写真を撮っています。ほとんど「モデル代」みたいなもんですが、手を合わせる時は一応心の中で何事かを話しかけます。
それは「詣でた」ことになるのかな。
お参りしたことになるのかな。
としたら一年間にかなりの数参ったことになるんだけどなぁ。
滝口寺の「仏様は見ている」からすれば、お参りのひとつの形だと自分では認識していますけど、本来の宗教の形式とは全然異色なんだよなぁ。宗教というのは自己満足なものだという自分なりの価値観があるので、そこら辺の意識を自分で確定したいっていう気持ちなんです。
個人的意見を求めます(笑)

307360943_233

写真は岡崎の市街地のど真ん中にあった観音堂のなかのお地蔵さま。
きちんと化粧されていました。
地元の人の気持ちに胸が熱くなります。

« 豊富な抱負 | トップページ | 明智光秀 〜神に愛されなかった男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/13351962

この記事へのトラックバック一覧です: はつもうで:

« 豊富な抱負 | トップページ | 明智光秀 〜神に愛されなかった男 »