最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 連休発生で散策したい | トップページ | 武士の一分 »

2006年12月 9日 (土)

思い出した映画のこと

風呂に入って今から見に行く「武士の一分」について考えてました。
原作の前振り部分を延長して、短編をひとつの作品に仕上げたという点について、どれだけ原作のテーマを生かしているかに着目してみようと思っています。評判がいい作品なんだから、すべてが悪いはずはないもんね。つまり「安心してみられる」ということでしょうか。

さらに湯船を見つめていたら、数年前に見た故相米慎二監督の「あ、春」という作品を思い出しました。

ストーリーは平滑、目立った起伏もないドラマで、何を見ればいいのか、なぜにこれを映画化したのかと悩んだ作品です。それがいまふと思い出された。
この作品は恬淡とした生活の中にちょいと広がった波紋の表現がとても自然でよかったのです。

「自称父親」を演じるのは山崎努。これはまるで寅さんのような人です。でもあれほどスットンキョウな人物ではなく、ほんとうにそこらにいそうな 「寅さん」なのです。それに振り回される息子が佐藤浩市。山崎が父親かどうかは定かではないけれど、同居するうちに慣れ親しんで、家族の一員のようになっ てしまうという物語。

この作品の価値が当時は全然わからなかった。
今思い出すと胸がキュンとする映像の数々。
お子様だったんだなぁと今頃顔を赤くしていますが、そういう印象でも胸に留めていることは、あながち嫌いな作品でもなかったんだでしょうね。
相米監督の早逝が今頃になって悔やまれます。

そろそろ「武士の一分」を見に行ってきます!

« 連休発生で散策したい | トップページ | 武士の一分 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/13094875

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出した映画のこと:

« 連休発生で散策したい | トップページ | 武士の一分 »