最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 美濃路をゆく (7) 今も残る街道の裏側 | トップページ | 小宮悦子ちゃん »

2006年11月27日 (月)

TMSF2006

278575981_79_2

278575981_81

今年のTMSF2006のキーワードです。
心に残ったのがこのふたり。
ラルフ、バカっ速!
路面はウェット。他のクルマはタイヤを滑らせながら控えめな速度で脱出していくのに、ラルフは腰回りがふらつくこともなくスムーズに脱出していく。F1にはトラクションコントロールがあって、滑りにくい構造にはなっているけれども、ラルフはえぇぇぇぇっ!

ライン取りもきちんとやってた。
他のマシンは路面の中央を走ってきたり顔見せ的な感じがしただけに、きちんとインを押さえながら曲がって行くラルフには感動した。
「ラルフは本気じゃないか?!」と同行者が驚いてました。
ちょっとラルフが好きになりました。

278575981_200 ピットウォークではなんと星野一義を見た!
たぶん一線のドライバーもたくさんいたけれど天にゃんにとってもっとも有名なのは星野一義なのだ。
「日本で一番速い男」
キャッチフレーズが30年頭の中でこびりついて、いまさらはがれなくなってるw
白いダウンコートを来てピットで笑う星野。
みんな若い現役ドライバー ばかりみているけれど、天にゃんの目には、体から光がさしているように見えた。
虎ちゃんより、右京よりもすてきじゃ!

バイクからもノリックが出てたぞい。
0→600勝負では、"大人げない"ラルフに負けたけれど、ヘアピン通過時には愛想よく観客に手を振ってくれました。
このマシン、ピットでは間近に見られたのだ!
かっちょええ!!!

今年もTMSFは楽しかった!
と日記に書いたぞ!(笑

« 美濃路をゆく (7) 今も残る街道の裏側 | トップページ | 小宮悦子ちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/17339664

この記事へのトラックバック一覧です: TMSF2006:

« 美濃路をゆく (7) 今も残る街道の裏側 | トップページ | 小宮悦子ちゃん »