最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 名古屋まつり2006(2)〜山車揃補足 | トップページ | 名古屋まつり2006(4) 〜おいらん道中と紙張地蔵尊 »

2006年10月16日 (月)

名古屋まつり2006(3) 〜ノミの市

245152243_191_2  245152243_31_1

大須に着いた。
方角と相当大ざっぱな地理感覚のみで移動する。
目的とする「ガマの油売り」も時間で移動するために、どこでやるかわからない。とにかく行き当たりばったりです。それは夕方遅くまでやっているという安心感かもしれず、あるいは酔っぱらいの根拠のない余裕というやつかもしれず(笑)
これも根拠なく大光院というお寺を目指して歩いています。
大須の中では北にあります。
とにかくそこへ行こう。
ところが途中いろんなものがあるので、気が散って仕方ない。
まずは本町通に並んでいた露店たち。
いわゆるノミ市というのかな、骨董品なんか置いている露店があったんですよ。露店なんぞどうせ手が出ないものだから、適当につらつら眺めて通過していた訳ですが、ふと目に留まったのは古いはがきたちです。絵はがき=写真ですね。
おっさんは大半が戦前だという言い張るけれど、細かく見て行けば90%は戦前の写真で、昭和一桁くらい。
「うさんくせぇおやじだな」と思ったが、向こうも「うさんくせぇ客だな」と思ったろうな(笑)
めぼしいものもいくつかあり、あとから着色したような古いはがきもあったけど、100〜200円では買えそうにない。そこでおおよその値段を聞いてみたらやはり一枚300円。
それは高すぎるだろうと思ったが口には出さんかった。
おっさんの価値観と自分の価値観にはズレがあって当然だからだが、古物商にしては物の価値を知らんのじゃないかと思ったのも事実。10枚ほどめぼしいものを持って行ったら「2500円ね!負けとくわ!」という。
単価で一枚250円だよね。
だからあたしは2枚抜いた。
これで2000円にしてよ、と。
でも抜いた写真は、現存する建物の写真だから、古いと言うだけで価値がそれほどあるとは思われない。なのにおっさんは値段として500円引いた。なんだ〜、どれに価値があるのか知らんのじゃないか!
絵はがきだから、基本的に使用済みはがきは切手を貼ってあるわけね。だから使用済み切手としての価値もある。消印もきれいに残るように切手をはが きから切り取れば、切手単体よりも価値が上がる。切手や消印の残存状況など程度にもよるが、50円より安いと言うことはあるまい。最初はそれを考慮して未 使用のはがきを拾っていたのに。
さらに価値を求めるならば、使用済みはがきの内容について。
軍用郵便もずいぶんとあったので、軍隊内での暮らしがわかるものなどもあったかもしれないこと。知らなかったことを知ればそのはがきの価値は上が る。もっとも昔の人はみなつづけ字で読みにくいし、いちいち内部閲覧されているということもあるから、それほどの重要な情報が残っているとも思われない が...。
おやじさん、一体なにを基準に価値をみとるのか、教えてちょ!
自分が買った物は8枚。

聞天閣(金閣を模した、鶴舞公園にあった迎賓館・戦災消失)
金城女子専門学校新講堂(現・金城学院高等学校栄光館)
東洋紡績知多工場・娯楽堂(おそらく現存せず)
鶴舞公園(奏楽堂と池・現存)
東本願寺山門(戦災消失)
箱根ホテル(詳細不明)
北海道庁本庁舎(ドームなし)
淡路屋&大学病院(詳細不明)

ついでに箱の写真、全部でいくらか聞いてみた。
8枚で2000円なのに、約300枚が25000円だと。
「大まけに負けて2万!」だって(;^_^A アセアセ・・・
買おうと思ってしまった自分は....
でも価値があるのはあの中のほぼ1割かな。
大連の師団本部とかよくわからん写真もあったし。
でもその筋で1枚1枚さばけば楽に元は取れるね。
手間を考えたら「もうけ」とはいえないけれど。
おっさんには「考えとくわ」と言って店をあとにする。

詳細不明な二枚。情報お願いします。

« 名古屋まつり2006(2)〜山車揃補足 | トップページ | 名古屋まつり2006(4) 〜おいらん道中と紙張地蔵尊 »

おまつり」カテゴリの記事

コメント

知多でよく
金城女子専門学校新講堂とか

大須と、地理感覚などを使用したかった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/12559177

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋まつり2006(3) 〜ノミの市:

« 名古屋まつり2006(2)〜山車揃補足 | トップページ | 名古屋まつり2006(4) 〜おいらん道中と紙張地蔵尊 »