最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 花車神明社例祭宵祭り | トップページ | 名古屋まつり2006(0)現場から東海林のり.... »

2006年10月15日 (日)

月下美人と紅葉狩り

244015712_209

おとといの夜。
花車のからくり車が車庫に戻ったあと、ぶらぶらと江川のあとを歩いていたら、花車神明社とは違う方向から笛が聞こえてきました。
誘われるようにふらふらと歩いていくと、甘く強い香りが漂ってきました。
ユリにも匹敵する強い香り!
香りの方を見るとサボテンらしき植物が。

月下美人!

恥ずかしながら、月下美人の花を見たことがなかった。
小さい苗は時期になると売ってますけどね。ここの月下美人は丈にして2mあまり。暗くてよくわからないけど、オフホワイトの花がいくつもついてました。思わず鼻を近づけてにおいを吸い込んでみました。
あぁ!
この香りの濃さはまるで麻薬。
脳髄をしびれさせそうな強い香りです。
花をくんくんしてみると、ずいぶん遠くまでにおっている様な...
月下美人の香りが漂うところで、笛の稽古をしてました。
花車のもう一台のからくり車、紅葉狩車の保存庫だったのです。
すでに山車は組み立てられて、どこかに止めてあるのでしょうな。まだ山車に載せられていないからくり人形を台に載せて練習してました。またそれをみるひとたち。
笛の音に惹かれて、しばらく練習風景を拝見したあと、蔵をあとにしたのです。

なぜ、見もしない月下美人を判別できたかというと。
まずは株姿ですね。そして花の形。
いかにも多肉植物系らしい葉と、花と、香りで月下美人ではないとか思いましたが、本当に月下美人なんだろうかね(笑)
月下美人は確か夜にしか咲かないのですね。
そして実は食用になる。
ドラゴンフルーツだったけか?
記憶があやふやだわ。

« 花車神明社例祭宵祭り | トップページ | 名古屋まつり2006(0)現場から東海林のり.... »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/12373367

この記事へのトラックバック一覧です: 月下美人と紅葉狩り:

« 花車神明社例祭宵祭り | トップページ | 名古屋まつり2006(0)現場から東海林のり.... »