最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 静岡の近代洋風建築 | トップページ | 交尾する魚 »

2006年9月 7日 (木)

安倍ちゃんへ

「憲法を作り替える」という主張は悪くない。
自民党総裁選などいくら盛り上げたところで、国民の政治的無関心、代議士不信を一朝一夕に拭うことはできぬこと、まずは認識してください。
国民が持つ代議士への不信感は、地元の利益代表に徹して代議士の地位を得てきたあなたがたの責任も決して小さくはないのですからね。

それとね、当たり障りのない主張のみを全面に押し出してメディアを利用していかにも国民の支持を浮けているような風潮を作り出して行く事には真っ向反対しますよ。
憲法改定するというなら、先に具体論をあげてくださいよ。
「自主憲法制定」などいういかにもイデオロギッシュな抽象的主張では、到底支持できません。日本人は「愛国心」という抽象的な言葉にもだまされた経緯がある。どちらもそのあたりをしっかり認識すべきである。

抽象から具体へ。
総理の椅子を目指すあなたにはこの言葉をくれてあげましょう。

« 静岡の近代洋風建築 | トップページ | 交尾する魚 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/11800959

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍ちゃんへ:

« 静岡の近代洋風建築 | トップページ | 交尾する魚 »