最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« バカにバカといわれるタレント | トップページ | 岐阜市内線の跡 »

2006年9月26日 (火)

中村区名駅5丁目(完)

228803556_90 服をそそくさと捨てるように脱いで風呂へ。
銭湯ってのは子供の時は巨大な、それこそプールにも匹敵する様なイメージだったけれども、銭湯程度の湯船はちょっと気取ったビジネスホテルにもあるね。温泉地の風呂には到底かなわない。
そんなことを湯船に入って思ってた。
自分の短い足ですら湯船のなかで突っ張ることができる。
そんな小さい湯船が3つ。
ひとつは例によって電気風呂。
わたしゃこれが好物なのだが、今日は時間がないのではしょる。
天井をながめければ、白く塗られた材木が鉄骨に組み込まれている。真ん中には排気口がぽかんと口をあけ、灯り取りのようにも見えている。壁には三 角形の飾りタイルが数メートルおきにぽつぽつと。なんとなく洋風のイメージでもある。いつ頃の建物だか知らないけれど、建った当時はずいぶんとモダンな銭 湯だったんだろうなぁ。
400円も払ったのに観察を終えてあわてて風呂を出る。銭湯には飲み物がつきものだ。
一応手順を踏む時間が必要である(━_━)ゝウーム

とりあえず下着だけをつけ、コーヒー牛乳をとる。
かつて、高嶺の花だったのだ。牛乳<コービー牛乳<フルーツ牛乳だった。今ではたわいもない飲み物なのに、当時はねだってもせいぜい牛乳だったなぁ。
コービー牛乳を飲みながらあたりをぐるりと見渡す。なぜかすっぽんぽんのまま番台のおばちゃんたちと話が話が弾むおじいちゃん。さすがに前は隠し ているが、おばちゃんたちからも醜いものが時折見え隠れしているようだ。でも両者とも一向おかまいなし。意識している様子もない。町の銭湯っていいよ なぁ。
番台が若いおねーちゃんだったらわしだって負けんのに!

うかつだった。
今まで何を見ていたのか。
回りには、
「誠に勝手ながら9/30を以て廃業させていただきます」のチラシがベタベタはってある。
廃業すんのか。。。。(/□≦、)エーン!!
女風呂にも複数の客はいたようだが、現状で風呂屋をやっていくのはずいぶんと大変だろうなぁと推察する。最近銭湯に入るようになってから現状が痛く感じるようにさえなってきた。
自分たちが子供のときにはあった物がなくなってゆく。
真っ先になくなってしかるべきなのかもしれないけど、やはりさみしいねぇ。
記念に内部の看板を撮らせてもらった。
なんと「下前津電停」と書いてある。
しかも名古屋市内なのに局番が二桁。いつの時代の看板やねん!
ほんとうは欲しかったけど、わしのようなものが持っていてもしかたないし、きっともらう人は決まっているのだろう。

「ありがとう!」と番台に声をかけ外に飛び出す。
「ありがとうございました!」

30日まで。
今週いっぱいか。
まだ行くと思うよ、たぶん。
すぐ近くに有料駐車場あるしね!
さようなら、昭和の遺跡。

228803556_238 心地よい涼風を受けながら納屋橋へと急ぐ。
錦橋から納屋橋なんてすぐ近くだよ。
ほれ、そこに旧加藤商会がライトアップされてるのが見えるでしょ!

« バカにバカといわれるタレント | トップページ | 岐阜市内線の跡 »

まちあるき 散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/12120766

この記事へのトラックバック一覧です: 中村区名駅5丁目(完):

« バカにバカといわれるタレント | トップページ | 岐阜市内線の跡 »