最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« M Reneissanse /渡辺美里 | トップページ | 功名が辻 (29) 家康恐るべし »

2006年7月23日 (日)

水草のはなし

久しぶりに水槽をいじりましたわぁ。
小魚にはエサをやる必要から照明を付けてましたけど、 体力のある魚は3〜4日おき。しかも明るい環境が好みでない人たちがおおいんで、観察することもなくほったらかし(;^_^A アセアセ・・・
それでも植物たちは育ってます。

Img_4281 画像はオークションで入手した草たちの現状。
ミクロソリウム・ナローリーフ(左)はその昔、葉一枚が1000円と言われた代物ですが、植物体自体は丈夫で、炭酸ガスも肥料もほとんど添加無しできれいに育ってました。むしろ光など与えない方がコケ(藻類)も付かずきれいに育つかも。
5枚程度のちっぽけな株が、コブシの大きさくらいまでになっています。買えば3000円はくだらないな。
近頃ではナローリーフにもさらに小さいナローリーフ(ナロー)というややこしい株も存在するげな。なんでもいいや、かわいいから少し欲しいよ^^

Img_4280 もう一種、ミクロソリウムsp."フィリッピン"(右)
こいつは大変よく茂ります。
葉の中央部がボコボコになる変わった草で、ミクロソリウム・プテロプスとはかなり違う感じ。生え方も割と規則的に一方方向を向いてるので、流木などに活着させるときに作業がしやすいです。
色が少し濃いけど、ゆらゆら揺れる様は軽くて心地いいね。
こいつも5枚ほど歯が付いていた株だけど、今や葉は30枚を越えている。3つに分けたけど、植えるとこがなくて水槽内に漂う始末です。

問題はボルビティス・ヒュッデロッティくん。
やはり劣悪な環境ではきれいな葉を展開してくれないらしい。
一応成長しているが、葉は流木に対して平行に、つまり這ってしまっている。こいつには正の屈光性を与えるしかないようだ。

なにしろ水中シダはいいね。
世話無しでもそこそこきれいだ。
魚が少ないからそれほど水換えの必要性もなし。

昨日から炭酸ガスの転化を再開するとともに、照明も4倍の80Wへ。
やはり環境が変わりすぎると葉緑素も急には対応できないようで、再開当日の昨日はあまり酸素粒が見られませんでした。それが今日は酸素だらけ(;^_^A アセアセ・・・
水槽がぴかぴか光ってました。

« M Reneissanse /渡辺美里 | トップページ | 功名が辻 (29) 家康恐るべし »

アクアリウム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/11069581

この記事へのトラックバック一覧です: 水草のはなし:

« M Reneissanse /渡辺美里 | トップページ | 功名が辻 (29) 家康恐るべし »