最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 夏の暑さはこれからです | トップページ | これぞジンジャエール! »

2006年7月 9日 (日)

文学を検証する

http://www.nhk.or.jp/nagoya/kintoku/index.html
この手の番組って長続きせんのだよね。
いろんな観光業者に食い荒らされたような番組になってまう。

NHKが作ったまったがね。
小説の舞台になった土地を見て、作品を味わおうっちゅう趣旨のこの番組。
第一回目に神島を取り上げるとはさすがNHKだわな、目の付けどころが違う。
神島といえば、三島由紀夫の「潮騒」っていうくらいの土地だけど、司馬遼太郎ファンにとっては違う、「神島」の島名の由来を追求してまうんだわ。
司馬氏が「街道をゆく」のどこかで書いていた、「神島とは神がいる場所」。
通常はなんらかの形で「神のいる場所」であることを公にはしないものなのだが、神島はそのものズバリだというある種の神秘性。
司馬遼太郎の口(筆か?)から「神島の神秘性」などと言われるともうあかん、どんな島なのか見たなってまうんだな。
NHKは今回「純愛小説」をテーマにしたで、司馬遼太郎の出番はなかったけど、将来に於いて「覇王の家」や「国取り物語」を取り上げんとも限らんわけで、そんな発展に期待したいわけだわさ。

« 夏の暑さはこれからです | トップページ | これぞジンジャエール! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

天茶が、島名で趣旨などを観光したかった。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/10858081

この記事へのトラックバック一覧です: 文学を検証する:

« 夏の暑さはこれからです | トップページ | これぞジンジャエール! »