最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 関東放浪記 (36) 青淵文庫と晩香廬 | トップページ | おわび »

2006年6月25日 (日)

車道

ここのところずーっと暇だったのが急に忙しくなって、たまに日曜出勤など入ってしまうと、一度に感覚がおかしくなってしまう。
体の疲れは大した事はないのだが、どうにも不安定な感じ。
普通の生活感覚を取り戻そうとして読書などしてみるがなかなかうまくいかない。

仕事に行った先で、「いいな」と思う被写体を見つけると、カメラで撮りたくなる。昼の休憩時に撮影する事も不可能ではないが、カメラを車内に置きっぱなしというのが大変に不安なのだ。かといって手元に置いとけば埃を吸いそうでなおさらに不安。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

先日車道という古い商店街へ行った。
自分が子供の頃はまだ人がたくさん歩いてる商店街であったが、今では人もいなくなって、マンションばかりが林立する「住宅地」となってしまっていた。
そんな中で気をはいていたのが「車道」をイタリック体で大書したアーチである。盛んなりし商店街の勢いや気概が感じられてなんとなくうれしい。その傍らでは「冷やしスイカ」と書かれたジュースクーラー。
そうだ、昔は自販機などなくて、商店でビンジュースを買ったものだった。
小遣いをもらっていなかった自分にとって高嶺の花だった。
市営住宅に住んでいた頃は向かいにコンビニに近い形態の店があった。
物を買って帰るとき、「自動車気を付けてね」と必ず言う店のおばちゃんがいた。
今はジュースを買うにも機械が相手なんだと、ふと思い出した。

そんなことを思いながら、「ほんとうに冷やしスイカが入ってるのかな」と覗き込めばメロンが鎮座しておりました。
金持ち症候群かw
でも都会の下町っぽい雰囲気がいいなぁ。
この近辺には古くからやっている川魚料理店もある。
どじょうの唐揚げなんかも食べられる店なんだけど、撮影に絡めて歩いてみるのも楽しそう。千種駅からは至近だし、良さげだよねぇ、ウン。

ちなみに「車道」という地名は江戸時代に舗装路による道路があったからだそうです。もちろん、石畳による舗装ですよ。

« 関東放浪記 (36) 青淵文庫と晩香廬 | トップページ | おわび »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/10668458

この記事へのトラックバック一覧です: 車道:

« 関東放浪記 (36) 青淵文庫と晩香廬 | トップページ | おわび »