最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 功名が辻 (22) 光秀転落 | トップページ | 6/5の日記 »

2006年6月 6日 (火)

岐阜ライトレールの行方

旧名鉄600V線について再生計画、地元でありながら噂すら漏れ聞こえてこないところを見ると、まったく盛り上がっていないのか。
試しに調べてみると企業主体となる組織のホームページはみつけられる。

・岡山電軌は撤退したと聞いたが、まだ名前を連ねているね。
 名鉄の牙城をおかそうとしているのかw

・名鉄から施設を無料に近い状態で譲渡させようとする姿勢。
 買い取れよ。
 もらおうとするな。

そしてこれがもっとも大切↓
行政の無関心

600V線、特に旧美濃町戦は乗客が少なくなく、富山港線がLRTとして存続できるのならば可能性は低くない。が、行政の協力をなくしては不可能になる。
岐阜市としては「必要のない路線」と認定した上で廃止したのだから、復活させるのはかんたんではない。
応援したい気分はあるが、廃止当時のなんら変わってない岐阜市では、無駄な努力と言うしかないね。

市長が変わればあるいは...
でも市民は先の選挙でこの市長を信任したんだよね。

集めた基金はどうなるんだろう?

« 功名が辻 (22) 光秀転落 | トップページ | 6/5の日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/10420954

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜ライトレールの行方:

« 功名が辻 (22) 光秀転落 | トップページ | 6/5の日記 »