最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 関東放浪記 (37) 本郷通りをゆく | トップページ | ウルトラセブン (12) 遊星より愛を込めて »

2006年6月25日 (日)

ウルトラマンメビウス (12) 初めてのお使い

時間帯が移動してからさっぱりみられなくなってしまったが、今日初めて見た。マックスとのあまりの変貌ぶりに戸惑ってしまった。
とにかく隊員が多い。しかも線が細くて、軍人にはとても見えない。闘争心もあんまり感じないねぇ。マックスのコバのような、いかにもスポーツ会系 の隊員がいれば盛り上がるのに。基地での会話はまるで井戸端会議だが、そういうもんなのか。新シリーズのイメージがわからんので、「そういう回」だったの かもしれない。そもそも怪獣が怪獣だし(^▽^;)

補佐官が何やらなくしたと大騒ぎ。
口の難そうな隊員をつれてそれを探すのだが、どうみても川原をうろついているようにしか見えなかったけどね。それにしてもそういうところへ行くというのに、ミニスカートで出動してしまう隊員てどうなのよ。サービスかと思ってずーーーーーっと凝視してしまったではないか。
マックスにはなかったキャラだけども、この手のドラマには必ずひとりはいるおとぼけキャラ。まぁかわいけりゃいいが、サービスカットは結局なしなのね。思わせぶりはやめてよね(爆)

今回の出色は怪獣でしたろう。
その名も「コダイゴンジアザー」(コダイゴンthe otherか?)
大したデザインでしたな。大黒さまがそのままでかくなっただけっつーのがとってもシンプルです。しかも大黒様のデザインに「何も付け足さず、何も 引かず」というそのまんまをデザインしたのはえらいもんだ!普通はずかしくなってなんかやってしまうものですよ。「これじゃいかんな」と思うところをズ バッと核心を突いた感じ。彫刻刀の削ったあとまで再現した。視聴者の度肝を抜いたといっていいのではないだろうか。キングシーサーばりだけども、こちらの 方が優れていると思う。
しかしやはり照れがあった。
「なんじゃこりゃ」
つくづくとつぶやく隊員...

そいつがまたむちゃくちゃに強いから笑ってしまう。
そもそも大黒様は片手にタイを抱えている。釣り竿はメビウスにとられてしまったから、片手で戦うわけなのだ。それでもメビウスより圧倒的に強い!(笑)
やられそうになったとき、大黒様の背後から青いウルトラマンが飛んできた!
ウルトラマン、きったねーぞ!
2対1かよ!

« 関東放浪記 (37) 本郷通りをゆく | トップページ | ウルトラセブン (12) 遊星より愛を込めて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/10668539

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンメビウス (12) 初めてのお使い:

« 関東放浪記 (37) 本郷通りをゆく | トップページ | ウルトラセブン (12) 遊星より愛を込めて »