最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 関東放浪記 (22) 鎌倉八幡宮に思ふ | トップページ | 間に合ったのに遅れた... »

2006年5月13日 (土)

爆笑問題・太田は語る

顔を真っ赤にして語ってたよ。
おっ!
鏡を見てるかと思った!(笑)
ありゃまさしく自分の姿だ。
でもここは居酒屋じゃないよ、テレビだ。
やつもどうやら仲間らしい。

家人は言う。
「家庭経営を考えたり、人はそれぞれの環境で育つ」のだと。
否定しないどころか、まさしくその通りだ、と家人に言う。

町内会だの、いまの世の中は複雑である。
一人として同じ価値観を持つ人間など存在しないと断言してもいいと思われる。
じゃあ、そういう家庭人は、子供が手を離れたとき何をするのだ?
子育てが済んだら、次は一回り大きな世界に自分の考えを広げていくべきじゃないのだろうか。
形としては人それぞれいろいろ存在すると思う。
政治であったり、福祉であったり。
なんであれ、自分の持つ力を外に向けて放出すべきではないか。

家庭を持たない者は理想に走るかもしれないが、理想を持つ余裕のないものに余裕を語るのは余裕を得る一端になることはないのだろうか。
人とはそれぞれが独自の価値観で生きている。
その価値観を持ち寄ることこそが最も大切な一つではないのか、と思う。

太田は政治家を目指してるかもしれない。
少なくとも、今日の番組に同席していた「日本をここまでにしたのは...」発言のあの議員よりは、ましな思想・より高度な理想を持った一個の人間として支持したいとも思った。

« 関東放浪記 (22) 鎌倉八幡宮に思ふ | トップページ | 間に合ったのに遅れた... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/10043355

この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑問題・太田は語る:

« 関東放浪記 (22) 鎌倉八幡宮に思ふ | トップページ | 間に合ったのに遅れた... »