最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 代議士の意味 | トップページ | 神道 »

2006年5月 8日 (月)

功名が辻 (18) 秀吉謀反

秀吉というのは「さりとては者」だなぁ。
物狂いしているようなドラマの中の信長に対して命令違反するなぞ、だれひとりとして思いつくまい。しかもどんちゃん騒ぎをして疑いをそらそうとする知恵と、実行できる胆力。これは不世出の天才というほかない。
いくら戦国武者とはいえ、戦場と言う異常心理をあおる場所でこそ命を惜しまず働けるもので、一個の人間として静かであれば、とても宴会をすべき心理など持てるはずもない。

さて、裏の主人公は松永久秀である。
戦国西岡三人衆と勝手に名付けているのが、帰蝶父であり信長の義父でもある斎藤道三、後北條氏の祖、北條早雲、そしてこの松永久秀。
信貴山で天守と平蜘蛛ごと自爆したというのは有名な話であるが、たいていの場合は大変おざなりな表現で終わってしまう松永を、一豊の(調略家としての)無能さを示すために利用した。

大した役でもないのに力入ってんなーと思ったらキャリアの長い品川徹さんじゃありませんか。
NHK、役者おごってんなー。
「信長はそのような男ではないわ」
しびれました。
金ヶ崎の退き陣の際、京へと逃れる信長に朽木谷を勧め、朽木元綱を仲介したのが松永久秀とされる。
将軍義輝を殺し、主君である三好氏を京から追い落とした男も時代の寵児織田信長の前には抗すべくもなく敗れ去ったというベキだが、彼の面白さは信長が欲した茶釜と吹っ飛んだということにある。彼は茶の湯を嗜む教養人であったとするが、平蜘蛛といっしょは死んだということは、教養人というほどではなかったようにも思える。
真の教養人であれば、信長に対するつらあてよりも、後世に平蜘蛛を残したはず。逆に言えば、自分より強い敵を見つけたということにもなるのだろうか。「こいつにはかなわない」と。

それにしてもやはりダメな一豊くんね。
「順序が逆じゃ!」
素人でもわかる降伏手順を理解できない武将というのも、あまりにひどい描き方だと思われるが、大半にはそこまでわかりやすくしないと、山内一豊が戦国武将不適格だということがわからない故だろうか。

武田鉄矢の熱のこもった演説が聴けました。
彼の生き様も込められていて、いかに自分が甘いかを一豊くんも思い知ったことでしょう。つばはみえなかったけど、戦国の中で苦しみつつ生き抜いた五藤吉兵衛の人生が垣間見えました。
でも「ご無礼つかまつった」あとはがっくりと肩を落とし、疲れた様子。彼にも引退の時期が迫っているのでしょうか。

黒田官兵衛もできましたね。
秀吉の天下取りももう間もなくです。

« 代議士の意味 | トップページ | 神道 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

ねじぃは、天茶が理解したよ♪
そしてきのうはドラマ帰したかったみたい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/9957053

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 (18) 秀吉謀反:

» 功名が辻 第18回「秀吉謀反」 [国風派の志士]
■一豊試される 秀吉に松永久秀の調略を命じられ使者として信貴山城へ向かう一豊。案 [続きを読む]

« 代議士の意味 | トップページ | 神道 »