最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ウルトラマンマックス(36)イジゲンセカイ | トップページ | 豊橋鉄道に誘われて(下) »

2006年3月 6日 (月)

豊橋鉄道に誘われて(上)

朝方頭痛で10時過ぎまで寝ていました。
どうもここのところ調子が悪い。
月曜日が悪天候で休みになりそうなので、思い切って行ってきました。
頭痛はすぐに収まりました。 春の鬱というやつかもしれぬ。

撮影会場の豊橋鉄道赤岩口車庫は地図がなくても行けるようになりました(笑)前回は勝手がわからず近所のスーパーで買い物する代わりに止めさせてもらったけど、今回は豊橋公園駐車場に置いて、電車で移動...のつもり。
撮影会参加費?^^

着いたのが昼前。
空腹を満たしてから赤岩口へ行こうとてくてく歩き始めたけれど、食べ物屋が全然ない。気付いたらもう井原。ふと見えた吉野家でなぜか豚丼を食う。なんで豊橋まで来て吉野家か!

IMG_9067 IMG_9077 IMG_9091

IMG_9100 IMG_9103

結局歩いて赤岩口。盛況だ、盛況だ、お客がいっぱい。夕べいろいろな構図を考えながら来たけど、そんな構図を実現している余裕はありませんでした。適当に何枚か撮って逃げるように車庫をあとにしました。といっても30分以上いたよ。

昨年ビール電車に乗った時、3104号車のドアのノブが、オリジナルのまま残されていたと記憶していたんだけど、バーは撤去され、金具部品のあた りはパテで一括して埋められていました。あれこそが、自分にとって名古屋市電のアイデンティティはあのドアにあった。オリジナルじゃなくてかなりがっかり した。
他にも右ステップが埋められていたり、屋根にあがるための車外の折りたたみ式ステップなども撤去されてたり、かなりオリジナルには遠い状態でした。名市交時代には装着されていた救助網も当然なし。
豊橋鉄道の車両っていう感じを強く感じました。
名鉄800系が豊橋に入ったこととはかなり違ってます。
名古屋市からやってきたのは全9両らしい。
その中の4両が今まで生き残っていて、さらに今回、イベント車として3102号のみを残して廃車になるそうです。
奇しくもゴジラと引退がダブってしまいましたな。。。

赤岩口を出て、自販機でビールを買う。
今日は車なので、早い時間じゃないと飲めない。
しかし買ったビールは明らかに味が落ちている。
日付を見れば2005/5上旬。
飲みかけのまま捨てました。
こんなまずいビールいくら暑いからって飲めるかよう。
それでも軽い酔いが大変に心地よく、また時折通る電車も楽しくて、なんとなくまた市役所まで歩いちまいました。
少なくとも道路の真ん中に線路があるのは楽しい。
電車は旧岐阜市内線を走っていた車両に都電崩れ。
カラフルに着飾って次から次へとやってきます。
中でも「ドリーム電車」と書かれた801号を見ると頬が緩む。
かわいがってもらっているようだ((o(=´ー`=o)(o=´ー`=)o))

IMG_9118 IMG_9129 IMG_9132

 

さて、市役所の前には存在感たっぷりの建物が建っています。
生まれて初めて豊橋に来たのは18くらいの時。
その時にもあった、豊橋公会堂。
昭和8年に建設され、様々な用途を経て、平成の今もこの地に立つ。まぢまぢと近くで眺めるのは初めてなのです。
これも豊橋鉄道の縁ですな。
公会堂を背景に電車の写真を撮ろうとしたら、道路が渋滞。
まあいいか!と、公会堂を眺めまわしたあとに、豊橋公園の中心と思われる吉田城へと歩を進めました。期待度ゼロ。
近くにあるなら、見てみましょうねってな軽い気持ちでした。

« ウルトラマンマックス(36)イジゲンセカイ | トップページ | 豊橋鉄道に誘われて(下) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/8963360

この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋鉄道に誘われて(上):

« ウルトラマンマックス(36)イジゲンセカイ | トップページ | 豊橋鉄道に誘われて(下) »