最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 想定外評論家 ジャンプ原田編 | トップページ | 功名が辻(6)山内家旗揚げ »

2006年2月12日 (日)

氷川きよしは希望の星

もうひとつ書いちゃう!^^

氷川きよしのことです。
昨夜、天童よしみと並んでステージにたっていました。
さすがに天童よしみと比べてしまうのは辛いところはあるけれど、氷川が得意とする部分を初めて発見したような気がしました。
「彼は演歌歌手ではなく、エンターテイナーだ」と。
演歌歌手としての彼はかなりの前から不満なのです。
デビューした当時は歌唱力も今ほどでなく、足りない部分を押し隠し、補い、また個性を出すためにも、氷川の歌い方というのは必要だったかもしれない。
が、最初は新鮮な感じがしていても、だんだんと鼻につくようになるものです。
氷川の場合はそれをキャラクターでカバーしてしまう懐の深さがあるのだけれど、その懐を大きく育てていくと、エンターテイナーになれると思うのだ。と同時に彼は声の張りを強調する様な歌を歌わせたら、天童よしみよりもうまい。(より正確に書くと、歌を生かす歌い方。例えば「ニューヨーク・ニューヨーク」ではコブシを回さない。天童よしみはどうんな歌でも必ずコブシを回すのだ)それを今日実感した。ヘタにコブシを振り回すことのない歌唱法が、世界に通用する様な歌い方を作り上げるような気がする。むろん、前述した懐の深さと合わせてね。氷川をプロデュースしている人はそれを目指しているのだろうか。そう考えてみると、氷川の成長の足跡自体一本道ではなかったか。

まだ彼は20代。
このままきちんとプロデュースしていくことができたのなら、日本初の、本物のエンターテイナーになれるのかもしれない。
そんな夢をふと見た、夕べの氷川きよしでした。

« 想定外評論家 ジャンプ原田編 | トップページ | 功名が辻(6)山内家旗揚げ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

でへへ(〃⌒ー⌒〃)ゞ
おやすみなさい(爆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/8617383

この記事へのトラックバック一覧です: 氷川きよしは希望の星:

« 想定外評論家 ジャンプ原田編 | トップページ | 功名が辻(6)山内家旗揚げ »