最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 間の悪さも時には愛嬌に | トップページ | スイレン »

2006年2月 4日 (土)

今週のウルトラマンマックス 〜かわいいエリー

エリーがUDF攻撃に利用されるというストーリー、なんて冴えてるんだよぅ!
勢いに乗ってるなぁ、脚本家(大倉崇裕)。
「仲間を犠牲にすれば、全体が助かる」というのは、昔からあらゆるドラマで使い古されているネタでもあるけどそれは言いますまい。なぜなら中心に は「エリー」という愛らしいアンドロイドが絡んでいるからで、さらにはコバ隊員を巻き込み、マックスらしさを出している。と言おうか。まぁウルトラマンと いう特殊性ならではの話の広げ方というべきでしょう。

しかしこうしてみると「エリー」という存在はUDFにとっては諸刃の剣なのだな。味方につけておけば役に立つが、敵に回ると怖い。もっともエリーに限らず結果的に「裏切り者」ならば、敵に回れば怖いに決まっているのだが(苦笑)
UDF、そんなエリーを野放しでいいのか。
なんらかの保護回路か、ブログラムはインストールしたのか?
netskyとは訳が違うぞ!

エリーはかわいいなぁ。
今日はベッドに横たえられているエリーを下から撮っていた。
エリーがはいているのがタイツなのかストッキングなのかおじさんは気になるぞ。スカートの中は明るくさえあれば見えるのか、それともそれはかなわぬ夢なのか...
あ、いかん、煩悩が....( -_-)ノビシ*)゚O゚)あぅ

エリーの口癖に「非合理的です」というのがある。これはスタートレック(宇宙大作戦)のスポック副長の口癖、「それは論理的ではありませんね」を パクったものかと思うが、かわいいエリーと、アンドロイドという現実を結びつけるために機能しているように思った。「真似だ」なんていう人間に撮っては、 コメディでもあるのだが。
その割には人間にかなり感化され始めているエリー。
これからのエリーの変化が楽しみだね!

最後のエリーのとびっきりの笑顔。
これだけでも見た価値はあるってもんだ!

本編に戻る。
今日の”怪獣”ケルムは、宇宙工作員仲間にケサムという男がいた。彼は以前地球にやって来た時にみずき隊員と出会い、傷の手当を受けたり交流が あったことは知るところであると思うが、今回それを伏線として利用することなく話が終わってしまった。むろんそれでもなくとも話を詰め込み過ぎで、ケサム とみずきのことを盛り込む余地はなかったとは思うけど、これは一考、映画化してみてはどうだろう。そのためにはもっと話を掘り下げる必要はあると思うが、 宇宙工作員としてのケサムVSケルムまで突っ込んでみたりしたら結構いけると思うな。ケサムとみずきの逸話は、ケルムと言う仲間を登場させるならばそのま ま捨て置くのは惜しいと思う。

あぁ、マックスのことをすっかり忘れてたよ笑⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ!
まぁいいか!

« 間の悪さも時には愛嬌に | トップページ | スイレン »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

超超超おひさです!
魚は開店休業、去年から虫に走っています。
今日so-netブログを見ていて発見させていただきました。
やっぱり赤い水、赤い魚、いいですね・・・・
たまにうちにも遊びにきてくださいねん。

おおっこれこれは、おかむらさんでは!
お久しぶりでございます。
相変わらずおさかんなようで!
(●´ω`●)ゞエヘヘ
ではそちらへいど〜んε〜ε〜ε〜 ゛(ノ@@)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/8504531

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のウルトラマンマックス 〜かわいいエリー:

» ウルトラマンマックス: 第32話 [Kyan's BLOG II]
ウルトラマンマックス 第32話「エリー破壊指令」。囚われのお姫様エリーを救い出すコバ王子様のお話。以下ネタバレあり。 [続きを読む]

» ウルトラマンマックス32、「いとしのエリー」 [子育てパパのブログ日記Next]
宇宙工作員ケルス登場  トミオカ長官、ヨシナガ教授、ダテ博士の初老・科特隊トリオが活躍した前回「モエタランガ」のエピソード。  WEB上で、ちらほらと「退役組のエピソードはもういい」などと、やや食傷気味の感想を見かけて少し残念。  ウルトラマンマックスは多分にジェネレーションギャップの生じるシリーズですね。  実相寺監督編なんか、子供たちには辛いだろうし、「退役組のエピソードは」40歳以下の方は思い入れがないのでしょうね。  ハヤタ隊員、フジ隊員そしてイデ隊員の活躍で血湧き肉躍るよ... [続きを読む]

» ウルトラマンマックス・一言妄想感想 [オイラの妄想感想日記]
コバ隊員大活躍の回。 ついにヘタレ返上か?←それは無いよ でゎ、妄想感想行ってみます。 [続きを読む]

« 間の悪さも時には愛嬌に | トップページ | スイレン »