最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 治水資料か、トヨタ博物館か。雨は降るか。 | トップページ | 鬼平スペシアル »

2006年2月16日 (木)

日記 〜トヨタ博物館へ行ってきました

IMG_8896   IMG_8868  IMG_8731

トヨタ博物館へ行ってきました。 (やっぱりな)
11時頃に着いて閉館(16時半)までいました。
5時間半のうち、1時間はランチですから正味4時間半。
一日で全部回りきれなかったということは、開館時には入れということで。
なぜそんなに時間がかかったか、考えてみた。
古い時代の車は速度が遅いだけあって、フロントブレーキがなかったり、ドラムだったり。またブレーキシステムが外部にむき出しであったり、そんなメカニックなところも見てました。
操舵装置もとっても簡単で、まるでプラモデル!
それ以外はやはり写真関連ですね。
アングルがわからんので、ファインダーをのぞきながら車の回りをぐるぐるまわることで、いい絵面を探しました。
そしてもうひとつの原因が照明。
上から、白熱灯のようなまろやかな光と、蛍光灯の光があてられているので、色が微妙なのです。オートホワイトバランスでも焦点によって大きく写真の色が変わってしまう。そんなところを確認しながら撮ってたので遅くなったのでしょう。
でもそのお陰で明るさを露出で感じることができました。
いや、明日になればまた忘れるんだろうけど。
楽しかったなー!

「一枚の写真 思い出の車」という企画展をやっております。
古くは昭和20年代半ばから、昭和45年くらいまで。
わしらもギリギリ被写体になってる頃の写真ばかり、たくさん!
これもなかなか楽しくて、かなりな時間見てました。
いちまいいちまいを確認することはできんかったな。
またいかないかんかもしれん。
納得はいってませんw
年代を超えて楽しめる企画です。
気に入った写真にちゃんと投票してきました^_^

3階の外車コーナーは車種もほとんどわからず、興味あるものだけ撮ってました。おおよそ2時間。普通です。

疲れたので博物館内のレストランでランチをとりました。
まさにランチにふさわしい食事!
こぶりのステーキとエビ・ホタテ・カキのグラタン、サラダ。
それでビールを少々。
この時点で閉館までいることが確定的でしたから。
小ビンを2本。

休憩ののち、2階国産車コーナーへ。
知った車、知らない車、いろいろありましたが、欲しくなる様な個性的な車がいっぱいです。
日野コンテッサ、いすゞベレット、フェアレディ。
でも一番のお気に入りは初代シルビア。
いつみてもエレガントです。
2台目以降はダメだな、全然色気がない。

2階でも2時間くらいいたけれど、警備のおっちゃんと何度顔を見合わせたことか。ちゃんと仕事してます>警備さん
おねーちゃんもいるんだよね^^

本館を出ようとしたのが4時15分頃。
閉館まで15分しかないのに、出口のおねーたまは「新館へもどうぞ!」と言ってくれる。せっかくなので指さす方へと。そちらも三輪車や古木トラックなどがあるんだけども、落ち着いてみていられないよ!
出口ほ出たら16時28分だったけど、蛍の光が流れたり、「そろそろ閉館です」なんていうお客を追い出すかのような放送は皆無だったし、だれもそういう素振りすらありませんでした。
閉館時間て目安であって、必ず締めるという時間ではないのか?
お客本位のトヨタならではかもしれない。

そういえば館内はすごく気分がいい。
聞けば教えてくれるし、そういうお客の表情を読む様な様子もある。気軽に声をかけて説明する。
大したもんだ、トヨタ。

博物館を出て観賞魚店でコケ取り生物たちを買う。
オトシンが1匹350円!
5匹で1500円!
やっぱり高い!
が仕方ないので餌もいっしょに購入して5000円余支払う。
福井行きを控え、痛い出費である。

はぁ〜疲れた。
今から写真チェックしよーーーっと!

« 治水資料か、トヨタ博物館か。雨は降るか。 | トップページ | 鬼平スペシアル »

博物館・史料館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/8692370

この記事へのトラックバック一覧です: 日記 〜トヨタ博物館へ行ってきました:

« 治水資料か、トヨタ博物館か。雨は降るか。 | トップページ | 鬼平スペシアル »