最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 風邪とインフルエンザはちがう | トップページ | 113系 »

2006年2月26日 (日)

功名が辻(9) 命懸けの功名

一週おいてしまったなぁ。
しかし主人公がストーリーを進めるドラマではないので、抜けたところですぐに戻ることができますなw

いよいよ越前朝倉攻めです。
まだ第一回なので、浅井の裏切りにあい、命からがら撤退するの巻です。

浅井の「裏切り」についてはいろいろと言われていますが、亮政〜久政と二代で根付いた浅井家中の親朝倉色が長政に払拭できなかったことと、出来星 大名の織田家に対する嫌気じゃないかな。浅井家だって主家を追って北近江を領する身分になったけれども、織田よりは我が家の方が先輩であるという優越感 (下克上で滅ぼされた主家に多い思想であるが)や、織田の勢力伸長速度、それらに対する恐怖が複雑にからみあって、信長を見限ったのではないだろうか。
元々久政自体家中では人気がなく、長政は期待を背負って当主に就任したと言われるけども、それでも朝倉への恩は捨てられなかったというわけか。
気になるのが「裏切った」という言い方。
これはあくまでも織田寄りの表現でしかない。
浅井にしてみれば、「生死を反古にした」のであり、朝倉なら「今こそ恩を返せ」というべきところであろう。
そもそも信長と長政が誓詞を交わした胸中には朝倉攻めは認識としてあったはずだと思う。それを長政は家中での人気に頼って押し切った。そのまま押せると踏んだ長政の見込み違いだったわけね。
長政はここで久政を斬り、遠藤直経を首にしてでも無視するべきだった。将来を見据えるというよりも、それが長政の生きる道だったと思うから。
長政はそれらをすべて失った。
そして信長がせめて辛い思いをさせないようにという信長の親心をフイにした。長政はこれで生きる道すら失った。

と話は大きくそれたが、今日の長政の表現はひどかったね。
「兵は出さぬ」とまゆひとつ動かさずに断言していた長政だったのに、次のカットでは「一族には逆らえぬ」とやはりまゆひとつ動かさずに言うのだ ね。その顔つきにまったく変化がない。ということは、この中の長政は今回の事件に対してなんら心が動いていない、バカ大名なのだ、という解釈でいいのです かい?
長政の変化の過程が示されないままに方針のみが変わってしまっては、長政は政治的定見を持たないということになります。少なくとも、歴史をこの事件を詳しく知らない人はそう思うでしょうな。
あの、「兵は出さぬ!」の強さに、あれ?ひょっとしたら浅井は寝返らないんじゃ....と、あり得ないことまで心配しましたよ。
表情に変化を与えなかったのは役者のミスか、演出者のミスか。

それにしても、今年の浅井長政はよくないね。
まるで人間じゃないみたいだ。
もともと榎木孝明という役者さん自体がポーカーフェイスっぽい役者さんなのだから、もっと表情豊かに作ってあげないと、冷たい感じにしあがってし まう。今年の長政には市に対する愛情すらあまり感じない。そもそも「岐阜に帰りたいか」とはナニゴトゾ。手切れになった妻子(娘のみ)は実家に送り返すの が戦国の基本ではないか。この長政はだめじゃな。
今のところ、最高の浅井長政は辰巳啄郎です。

また今年もしんがりを引き受けてしまった秀吉です。(笑)
しんがりと決まった一豊は横になりながら「秀吉さまと死ぬのじゃ」とつぶやく。熱演でしたな、上川選手。今日一番のシーンでござりました。ただ し、何を言ってるかよくわからんかったなぁw登場人物だけでなく、視聴者にも聞き取りにくかったという短所があるが、それを覚悟で、ぎりぎりまでつめて迫 真の演技となったのでしょう。

« 風邪とインフルエンザはちがう | トップページ | 113系 »

映画・テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/8849927

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻(9) 命懸けの功名:

« 風邪とインフルエンザはちがう | トップページ | 113系 »