最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 本屋にて | トップページ | 福井鉄道 »

2006年1月26日 (木)

上田電鉄雑感

上田交通が鉄道部門を分離し、上田電鉄として再出発していたとは全然知りませんでした。
不覚....。

上田交通は、地域にぴったりと密着した鉄道で、数年前に乗った時には揺れる車内でテキパキと補充券を発行する車掌が印象深く残りました。展示(放置だろw)してあった丸窓電車、別所温泉駅の風情ある駅舎。それらが当時から地域の人たちの手によって清潔に保たれていたのですが、そういう地道な活動が上田市長を動かし、援助を受け、再生(死んではいない)すべく立ち上がったことは感動に値します。
某岐阜県内の路面電車の悲劇的な終末を思うにつけ、上田電鉄の幸せぶりがねたましくもあるのです。

環境に優しく、ローコストな鉄道というだけでなく、地域の人から大切にされることは大切なこと。どうしたら地域の人に愛されるのか、岐阜市の人たちに教えてあげてください(T^T)

微力でも、応援しに行きたくなる。
鉄っちゃんとはそうしたものです。
がんばれ、上田電鉄と上田市!

上田交通

« 本屋にて | トップページ | 福井鉄道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163414/8353558

この記事へのトラックバック一覧です: 上田電鉄雑感:

« 本屋にて | トップページ | 福井鉄道 »